40代の独立開業・起業・経営のご相談ならSIA

SIA 「心のゼロ経営」プロジェクト【山田俊明 公式サイト】

2020年10月「つながりは『本当の感謝』から生まれる(仮)」
心の学校グループ創始者 佐藤康行先生 監修 出版決定!

受付時間
電話の場合:平日9:00~18:00
フォームでの問合せ:年中無休

起業に関するお問合せ・ご相談はこちら

アクスビー株式会社 SIA事務局

03-4570-0784

金運がある起業家・金運がない起業家

これまで、およそ1000人以上の起業家や経営者にお会いしましたが、その中には、あまり忙しそうには見えないけど、「お金」に恵まれている人と、逆にすごい頑張っているのに、あまり「お金」に恵まれない人がいます。

そこで、今回は、金運がある起業家・金運がない起業家の違いについて考えてみたいと思います。

1)お金(利益)に対する考え方

金運がある起業家は、「利益やお金」について、性善説です。要するにお金が好きです。

正しい方法で、お客様のメリットがある商品やサービスを提供して、利益をいただくことを厭いません。
ですから、高額の商品やサービスも積極的に提案します。

逆に、金運がない起業家は、どこか「儲けること」や「お金」に対して、罪悪感を持っている人が多いです。

こんなに利益をいただくのはよくないのでは?と、勝手にリミットを作ってしまいます。
ですので、いつも安い商品やサービスばかりを販売して、結果として、あまり利益が出ないという傾向があります。

また、そういう人に限って、お金が入ってきても、慈しむことなく、すぐに手放してしまいます。
だから、お金が逃げていくのです。

2)お金の使い方

お金は「出と入りのバランスが大切」と言われています。

ですので、利益の大小ではなく、必ず、残すようした方が良いです。稼いだ収入のほとんどを、飲み代やクラブ、ギャンブル、女性などいわゆる自分の快楽、あるいは安易な儲け話につぎ込んでしまう社長さんがいますが、最終的に、金運に見放されます。

逆に、金運がある起業家は、収入の最低3割〜4割を残し、将来への自己投資や貯蓄・運用に回している人が多いですね。

3)人間力(謙虚さ・素直さ)

バブル時代、投資で儲けた社長には、ある共通点がありました。

それは、とにかく「自慢話が多い」。周囲に対して、「今回はこれだけ儲かった」、「俺はたくさんお金を持ってる」という、なんとも傲慢な雰囲気を出していました。

当時、私は20代で、お金儲けすると人間はこうなるのか、と最初は好奇心で見てましたが、
その後、そうした人たちが破産していくのを見て、全て反面教師になりました。

金運がある起業家や経営者は、間違いなく「人間力」が高く、謙虚で、素直です。他人への思いやりが強く、
人間関係が良好な人が多いです。ですから、当然、お金もたくさん集まってきます。

 

一方、人間関係をあまり大切にしない起業家や社長は、お金がある時は良いですが、不況になると一気に人は離れていくので、結果としてあまり豊かになれません。

と、偉そうなことを言っていますが、上記の一部は「自戒」を込めていますので(汗、ご参考まで。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-4570-0784

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

無料オンラインセミナー
受付中

アクスビー株式会社

住所

〒110-0005 東京都台東区上野2-12-18 池之端ビル2F
(上野駅より徒歩6分)

受付時間

平日9:00~18:00

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

土曜・日曜・祝日