40代の独立開業・起業・経営のご相談ならSIA

SIA 「心のゼロ経営」プロジェクト【山田俊明 公式サイト】

2020年10月「つながりは『本当の感謝』から生まれる(仮)」
心の学校グループ創始者 佐藤康行先生 監修 出版決定!

受付時間
電話の場合:平日9:00~18:00
フォームでの問合せ:年中無休

起業に関するお問合せ・ご相談はこちら

アクスビー株式会社 SIA事務局

03-4570-0784

縄文時代に学ぶこれからの起業法とは?

人間ではない「偉大なる何か」なのか?

 

今、縄文時代が注目されています。

縄文時代と言っても、歴史の教科書で出てきたくらいで、あまりピンとこない人が多いかもしれません。

紀元前14000年頃 – 前10世紀ですから、かなり大昔の時代になるわけですが、最近の研究ですごいことがわかりました。

それは、縄文時代、1万年ものの間、戦争が一度もなく、平和でかつ、人々と自然が調和し、共存共栄した時代が続いたということです。

なぜか?  

食料確保の手段が狩猟で、備蓄もしない生活だったので、仲間同士の協力がなくして生きていない環境や文化だったなどの説もありますが、それだけでは1万年も平和な時代が続いた論拠としては説得力にかけます。

そこで、最近、保江邦夫先生など物理科学者などの間で、有望な説となっているのは、高い次元の精神性(霊性)が人々に根付いており、宇宙の法則(真我)に沿った生き方をしていたことが、根本的な要因ではないかと言われています。

重要なことは、その縄文時代の人々のDNAは、脈々と我々日本人の受け継がれているということです。

最近、BBC大学院のMBA教授の谷中修吾さんという方が、「最強の縄文型ビジネス」という本を出版されて、早速読んで見たのですが、この縄文人の思想や叡智、生き方は、現在のビジネスや経営に活かせる部分が多いことがわかりました。

今の多くの会社が、コンプライアンスやROI(投資リターン)など、いわゆる管理型のマネジメントを進めていますが、
いろいろ歪みが出てきており、ある意味限界が見えてきています。

この縄文型のビジネスや経営というのは、管理型社会とは違い、「競争ではなく協力・共存」、「事業計画よりインスピレーション(直感)」、「短期的利益よりご縁や喜びを大切する」ということになるそうです。

この本では「真我」というワードは出てきませんが、縄文人が作ったとされる土器や土偶は、科学的に説明がつかない部分が多く、特に土偶は、考古学者がどう見ても人間ではなく、「偉大なる何か」を象徴している可能性があるそうです。

いずれにしても、京セラの稲盛さん、上記の谷中教授など、いわゆる経営のプロが、「目の見えない部分」にフォーカスし始めていることに、時代の大きな変化を感じます。

このSIAでも、「縄文型ビジネス」を取り入れた起業法というのも、取り入れて行きたいと思います。

 

 

 

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-4570-0784

受付時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日

無料オンラインセミナー
受付中

アクスビー株式会社

住所

〒110-0005 東京都台東区上野2-12-18 池之端ビル2F
(上野駅より徒歩6分)

受付時間

平日9:00~18:00

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。

定休日

土曜・日曜・祝日